印刷データ作成ガイド|栄文舎印刷所 | 神奈川県相模原市のカラー印刷 製本

データ作成ガイド

pdfPDFファイルで入稿する場合

こちらに原稿が入ります。

aiAdobe Illustratorで入稿する場合

・カラーモードはCMYKで作成して下さい。
・トリムマーク(トンボ)を使用し、塗りたし3mmつけて下さい。
・切れてはいけない文字やオブジェクトなどは、仕上がり線よりも3mm以上内側に配置してください。
・配置画像は全て、「画像を埋め込み」処理をして下さい。
・使用されたフォントは、すべてアウトライン化してください。
・モノクロ印刷やグレースケール入稿の場合は、オブジェクトのカラーを「グレースケール」または「モノクロ2階調」で作成して下さい。
・トンボの外側にオブジェクトを配置しないでください。
・特色はCMYKに変換して下さい。
・画像を綺麗に印刷したい場合は、画像解像度を350dpi(dpi=dots / inch)に設定して下さい。
・リッチブラックを使用する場合は、C40M40Y40K100を水準しております。
・オーバープリントの設定は行わないでください。意図しない仕上りになる場合がございます。
・線の太さは0.25ptを最小値とします。0.25以下は印刷かすれの原因となります。
・折り目、ミシン目、スジ入れ加工があるお客様は、塗りたしとトリムマークの間に線で印と指示と記載下さい。

psPhotoshopで入稿する場合

・カラーモードはCMYKで作成して下さい。
・Photoshopには、トンボを作成する機能がありません。ガイドラインを利用して仕上がりサイズとヌリタシ3mmの設定を行って下さい。また、カンバスサイズが「仕上がりサイズ+塗りたし」になっていることをお確かめください。
・切れてはいけない文字やオブジェクトなどは、仕上がり線よりも3mm以上内側に配置してください。
・画像レイヤーは1つに統合して下さい。
・カラーモードはCMYKで作成して下さい。
・モノクロ印刷やグレースケール入稿の場合は、オブジェクトのカラーを「グレースケール」で作成して下さい。
・解像度を350pixel/inchに設定して下さい。(この時仕上がりサイズが変わらないようご注意ください)
・リッチブラックを使用する場合は、C40M40Y40K100を水準しております。
・線の太さは0.25ptを最小値とします。0.25以下は印刷かすれの原因となります。
・折り目、ミシン目、スジ入れ加工があるお客様は、塗りたしとトリムマークの間に線で印と指示と記載下さい。

idAdobe InDesignで入稿する場合

・「裁ち落としと印刷可能領域」を展開し、「裁ち落とし」で「天地ノド小口」を各々「3 mm」に設定して下さい。(ぬりたし部分)
・カラーモードはCMYKで作成して下さい。
・切れてはいけない文字やオブジェクトなどは、仕上がり線よりも3mm以上内側に配置してください。
・「透明ブレンド領域の設定」にて「ドキュメントのCMYK領域を使用」を選択して下さい。
・Illustratorのデータを配置される際は、フォントをすべてアウトライン化してEPS形式で保存したものを配置して下さい。
・画像を綺麗に印刷したい場合は、張り込む画像の解像度を350dpi(dpi=dots / inch)に設定して下さい。

※Adobe サポートとラーニング

qxQuarkXPressで入稿する場合

こちらに原稿が入ります。

msMicrosoft Office系ソフトで入稿する場合

・Microsoft Officeアプリケーションには、トンボを作成する機能がございません。 仕上がりサイズに上下左右3mmずつプラスしてデータを制作下さい。
・ExcelやWordなどMicrosoft Officeは、印刷専用ソフトではないためRGBカラーでデータが作成されています。弊社にてカラーモードをRGBからCMYKに変換する為、色目が大きく変わる場合がございます。
・システムフォントや広く一般的に市販されているフォント(モリサワフォントやダイナフォントなど)でデータをご作成下さい。(旧字などが化けます)
・8ptより小さい文字サイズをご使用される場合、文字の一部が欠ける場合がございます。
・透過性効果では網目模様になります。意図しない仕上がりになる場合がございますのでご使用はお控えください。

※Microsoftサポートページ

見出しダグh2

見出しダグh3

見出しダグh4

見出しダグh5
▼画像の右寄せ

文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。

▼画像の左寄せ
com_prof-1

文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。

その他

「p」タグで下にmargin20pxが入ります。

■クラス「mt0」~「mt200」0~200pxの範囲で上にマージンを取ることができます。

■クラス「mb0」~「mb200」0~200pxの範囲で下にマージンを取ることができます。

■クラス「ml0」~「ml200」0~200pxの範囲で右にマージンを取ることができます。

  1. 数字リスト<ol>
  2. テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・
  3. テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・
    • ①<ul class=”liststyle_none indent00″><ul>に左記クラス指定で先頭1文字下げつつ、先頭にリストスタイルつけない指定。通常は先頭に「・」がつく
    • ②テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・
    • ③テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・
    • ④テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・
  4. テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・
  5. テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・

■cssクラス「tr」右揃え。テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・

■cssクラス「tc」センター揃え。テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・

■cssクラス「indent00」先頭の文字で段落そろえます。テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト

■cssクラス「indent01」先頭の文字でそろえつつ1段落下げます。テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト・テキスト

pagetop